ドイツ不思議発見!

デュッセルドルフ在住・海外暮らし初心者の夫婦が日々の生活で発見したドイツの不思議を書き綴ります

ドイツでの携帯事情~プリペイドのススメ~

*2018年更新

ドイツでの携帯電話。

自分なりに調べて考えた、ドイツでの携帯について書きます。

 

色んな契約があって、ここに書いてあることがすべてではありませんが、迷ってる方の助けになれば幸いです。

内容は以下の通りです。

 

2017年11月追記

2017年7月よりEU法が変わり、SIMカード購入が厳しくなりました。
購入時にパスポート情報が必要だったり、アクティベーションの時に住民許可証の番号が必要になる会社もあります。各社対応方法が異なるようです。
ですので、購入前には、必ず使用できるかどうかを確認してください。

 

 

 

なぜプリペイドをすすめるか

ドイツも通常の契約は、スマホ付きで2年縛りが多いです。

そのため、いつ帰るか分からない駐在員はリスクが大きくて、買うには勇気がいります。旅行者もムリですね。

 

なので、駐在員や旅行者には、いつでも止められるプリペイドをおすすめします。しかも解約手続きも必要ありません。

 

必要なものは、シムフリーの携帯

日本から持ってくるのもあり、ドイツで買うのもあり。安いスマホなら、電気店(SATURNかMediaMarkt)で50EUR程度から売っています。

 

プリペイドSIMの種類について

プリペイドSIMには色々種類があります。

私が知ってるのは、大きく分けて以下の3つ。

 

プリペイドSIMの種類

  1. 電話・SMS専用SIM
  2. データ通信専用SIM
  3. 電話・SMS・データ通信全てを含むSIM

それぞれ、メリット・デメリットがあります。

 

1.電話・SMS専用SIM

自分からはほとんど電話をかけない人におすすめです。契約期間がありません。

9cent SIMともいいます。

 

最初にSIM代と一定金額チャージします。(10EURが多いです)

電話、SMSを使った量に応じて減額されていき、なくなるまで使えます。

各社似たり寄ったりで、1分間あたり9cent、SMS 1通あたり9centというのが一般的だと思います。

 

 

2.データ通信専用SIM

一定期間に一定量使える契約。例えば、1ヶ月で1GBなど。

ドイツに来たばっかりのころは、O2のデータ通信専用SIMを使っていました。

 

その次は、SATURNから出ているデータ通信専用SIMを使っていました。2016年当時はこれが1番お得でした。

・上限 90日間 3GB、価格 25EUR、14.4 Mbit / s

f:id:deutschlife:20160317095312j:image

 

SATURNのデータ通信SIMについては、購入からアクティベイト(使えるようにする)までの説明は以下をご参考下さい。

SATURNのデータ通信専用SIM - ドイツ不思議発見!

 

 

3.電話・SMS・データ通信全てを含むSIM

 データ通信量の違い、電話SMSの違い、同じ会社の電話に通話無料など、各社いろんな組合せのものがあります。

期間は1ヶ月(または4週間)が多いです。

 Vodafone,Telekom、O2など携帯大手から多数出ていますが、通信速度を気にしなければスーパーマーケット系のSIMもお得です。

2017年以降は、スーパー系のSIMの競争が激しくなり、10EUR以下でデータ通信 1GB以上、通話 300分以上というSIMが多数出てきました。(SMSは有料オプションが多い)

 

結局何を選んだか?

2016年からはスーパーマーケットREWEのSIMを使っています。

2018年にも新規で購入したので、アクティベーションのご参考まで。

一時期は、デュアルSIMの携帯に、上記1と2のSIMをそれぞれ入れて使ってました。

 でも、SATURNのSIMが売り切れが頻発、そして2016年頃から、スーパーマーケット系のSIMがお得になったため、今は使っていません。

 

 

最後に旅行者の方へ

2017年7月より、EU法が変わりSIMを買うのが難しくなりました。(正確にはSIMは購入できるけどアクティベーションができない可能性がある。)
購入前に、アクティベーションできるか確認してお買い求め下さい。