ドイツ不思議発見!

デュッセルドルフ在住・海外暮らし初心者の夫婦が日々の生活で発見したドイツの不思議を書き綴ります

ドイツのおすすめバラマキ土産 ~お菓子編~

職場等へのバラマキ土産。

ドイツのおすすめを、独断と偏見で、選んでみました。
 
選考基準は、
・お手頃な価格帯(スーパーで買える)
・そこそこ美味しい
の2点です。

 

以下、バラマキ土産におすすめのお菓子5つと番外編です。試食結果とともにご紹介します。
 
《お菓子》
・Werther's Original ヴェルタースオリジナル (チョコ)
・Ritter SPORT リッタースポーツ(チョコ)
《番外編》
・Killepitsch キルピッシュ(お酒)
 
 

Werther's Original ヴェルタースオリジナル

日本ではキャラメルキャンディでお馴染みですが、ドイツではチョコレートも展開しています。
f:id:deutschlife:20160324030858j:image
26個入り 約1.7€
このチョコレートはほんとに美味しい‼️
特にFeine Helle味‼️
キャラメル風味が絶妙にチョコレートとマッチしています。
チョコ好きの友人も大絶賛でした!
 
チョコもあるんだーという物珍しさと、意外な美味しさも相まって、一番のおすすめです。
お土産にしなくてもぜひ一度味わって欲しい‼︎
 
 

HARIBO ハリボー

ドイツの定番バラマキ土産。
f:id:deutschlife:20160323224550j:image
ドイツ国内で販売されているものは、日本で販売されているものと比べて、噛み応えがあるとの噂です。
ドイツ工場で作られたものは硬いとか。。
一方、日本向けはハンガリー工場で作られていて、少し柔らかいそうです。
しっかり製造場所を確認して買ってくださいね。
 
「日本のと比べてみてね」と渡してみてはいかがでしょうか?
チョコと違って溶けないので、夏のお土産にも向いています。
 
ちなみに、バラマキに最適な小分けパックタイプもあります。
f:id:deutschlife:20160401011713j:image
21袋入り 約2EUR
 
直営店にも行ってみました ↓ 

merci メルシー

f:id:deutschlife:20160323002158j:image
20個入り 約3€(36個入り 約6€、54個入り 約10€、なぜ割高になっていくのだろう。。笑)
名前はフランスのお菓子っぽいですが、れっきとしたドイツのチョコレートです。
 
箱がおすすめ。
なぜなら非常に薄く嵩張らない。厚さは2cm以下。お土産向きだと思います。
味もグッド👍
 
 

Ritter SPORT リッタースポーツ

ドイツメーカーのチョコレートです。板チョコもありますが、お土産に向いている、個包装の箱入りもあります。
f:id:deutschlife:20160323041402j:image
包装がカラフルでかわいいです。味のバリエーションが豊富なのも楽しい。
 
 

Lindt リンツ

言わずと知れた、スイスの老舗メーカー。いろんな種類があります。

f:id:deutschlife:20160323041725j:image

100gあたり約4€

値段も少し高めです。でも味は間違いない‼︎ 

駄菓子だとちょっとマズイかなーって時にどうでしょうか?
日本でも販売されているので、季節限定のLindtもいいかもしれません。

 

Killepitsch キルピッシュ(番外編)

デュッセルドルフの飲み会の定番キルピッシュ‼︎
飲んだ後はこれで締めるのが、デュッセルドルファーです‼︎
ハーブから作った独特のお味。ドイツ版養命酒みたいな感じ。
お土産にして、皆さんに味わってもらうのもいいかも。
お酒なので注意してくださいね。
 
小さい瓶でも売ってます。
f:id:deutschlife:20160323002515j:image
空港内ターミナルでも発見しました。手荷物検査を通った後なので、安心して買えますね。
12本入り 約12 EUR
大容量の瓶も売っています。
 
f:id:deutschlife:20160323041927j:image
チョコトリュフ 6.95 EURも売ってました。
 
 
最後に、ここで紹介した商品は、だいたいデュッセルドルフ国際空港内でも販売されています。
手荷物検査の前に買うなら、ターミナルC到着ゲートの端っこにあるスーパーマーケット『REWE』が安いのでおすすめです。
手荷物検査後なら免税店で買えますが、全てが割高です。(2倍以上の価格)
時間や荷物が限られてる場合は、免税店を活用するのもありですが、時間があれば空港内外のスーパーやデパートで買うほうが断然お得ですよ。