ドイツ不思議発見!

デュッセルドルフ在住・海外暮らし初心者の夫婦が日々の生活で発見したドイツの不思議を書き綴ります

じゃがいも屋さん

日本語で「じゃがいも」

ドイツ語で「Kartoffel」
 
ドイツでは様々な形に姿を変えて、私たちの前に現れます。
  Pommes(フライドポテト)
  Salzkartoffeln(塩茹でじゃがいも)
  Ofenkartoffeln(じゃがいものオーブン焼き)
  Bratkartoffeln(ジャーマンポテト)
  Kartoffelsalat(ポテトサラダ)
  Kartoffelsuppe(じゃがいものポタージュ)
  Knödel(じゃがいも団子)
などなど。
 
どこに行っても、何を食べても、だいたい付け合わせはじゃがいも。
ドイツの食卓に無くてはならない存在のようです。
 
 
そんなドイツ国民の愛するじゃがいも。
市場に行くと、じゃがいもの専門店があります。
f:id:deutschlife:20160410203903j:image
ズラ〜っと並ぶ、いも、イモ、芋…
一体、何種類のじゃがいもが売られているのだろう?
 
小さいものから大きなものまで。
赤っぽいものもあれば、黄色いものも。
ここまでじゃがいもっていろんな種類があったのかー👀!!!
 
f:id:deutschlife:20160410204508j:image
お店にはじゃがいもの種類を書いた紙も貼られています。図鑑のようで面白い✨
 
 
このお店では、じゃがいもだけじゃなく、里芋やサツマイモも売られています。
 
そんなおそらく芋ならなんでも揃うこのお店にはAltstadtのマルクトで出会えます。
「Das Kartoffelhaus」
場所:Carlsplatz, 40213 Düsseldorf
 
 
じゃがいもに囲まれて、ドイツらしさを味わえるかもしれません😁♬