ドイツ不思議発見!

デュッセルドルフ在住・海外暮らし初心者の夫婦が日々の生活で発見したドイツの不思議を書き綴ります

DB ~切符の買い方~

ドイツ鉄道 DB、今回は切符の買い方についてです。

 
全部で4種類の方法があります。
1. 窓口で買う
2. 券売機で買う
3. インターネットで買う
4. 旅行代理店経由で買う
 
1つずつやり方やメリット・デメリットを説明していきます。

 

細かい説明の前に、一般的な注意点です。
DBは、当然のように遅延します。またルート変更等も日常茶飯事‼︎
ですので、余裕を持ったスケジュールを立ててください。
 
1. 窓口で買う
 
メリット:
・英語かドイツ語が話せればじっくり話をしながら買える
デメリット:
・混んでいると時間がかかる
・たまにすごく冷たい扱いをされ、心が折れそうになる
 
注意点:
駅により営業時間が異なるので、事前に要チェック
 
窓口はドイツ語でReisenzentrum
f:id:deutschlife:20160322064704j:image
 
まずは整理券をもらいます。
f:id:deutschlife:20160322064719j:image
 
奥の掲示板をみて、自分の番号と窓口が表示されますので、そこへ向かいましょう。
f:id:deutschlife:20160322062608j:image
 
あとは、窓口の係員とやり取りをして、切符を買います。
 
切符や領収書の記載は、一番丁寧だと思います。↓
f:id:deutschlife:20160322064517j:image
 
 
2. 券売機で買う
 
メリット:
・慣れれば最速で購入できる、2分あれば十分
・フランス語等、英語以外の言語にも対応(ただし、日本語は無し)
 
デメリット: 
・指定席を取るときに苦労する(よくわからない)
・日本のクレジットカードを受け付けない時がある
・切符に出発ホームの記載が無い
・高額紙幣が使えないことがある(券売機内のお釣り残量による、と思う)
 
 
注意点
・駅構内なのでスリに注意、画面に集中しすぎないこと、じっくり見てくる怪しい人がたまにいます
 
手順は
・ 英語表示(自分の好きな言語表示)にする
・ 行き先を選択
・ 列車を選ぶ
・ 等級、指定席等を選ぶ
 
指定席は、窓側だったり、電話可能車両だったり、最初に選びますが、大抵希望のところは空いていません。
その場合は、どこでもいいというのを選びましょう。
 
 
 
3. ホームページで買う
 
メリット:
・ じっくり探せる
・ 出発日が先なら、格安チケットを買える
・フランス語等英語以外の言語にも対応(ただし、日本語は無し)
 
デメリット:
・ 格安チケットは、変更不可、返金不可(切符により異なるので要チェック)
 
注意点
・ 購入に使ったクレジットカードを携帯すること(オンラインチケットと一緒に、車内で提示が必要)
・ 事前のプリント必須(もしくはアプリでのオンラインチケット)
 
4. 旅行代理店経由で購入
 
メリット:
・オール日本語で対応可
デメリット:
・ 手数料分少し割高
 
1.〜3.が難しければ、これもアリです。日本語でじっくり相談ができるので安心です。

最初はわかりづらいけれど、一度慣れてしまうと行動範囲が広がります。駅は街の中心にあることが多いので、それもまた便利なところです。
賢くDBを使って、いろんな街へ電車の旅をするのもまた楽しいですね?