ドイツ不思議発見!

デュッセルドルフ在住・海外暮らし初心者の夫婦が日々の生活で発見したドイツの不思議を書き綴ります

生食の豚ひき肉⁉︎

ドイツで肉といえば「豚肉」?

牛肉や鶏肉も普通に売ってるけど、豚肉が一番安い!!!
 
そして、豚肉料理といえば、定番のソーセージを筆頭にシュニッツェル(ドイツ風トンカツ)やアイスバイン(骨付き豚の塩茹で)、シュバインハクセ(骨付き豚の炙り焼き)など様々。
 
そんな豚肉好きなドイツ人ならでは⁉︎の食べ方があります。
 
それが、コレ↓↓↓

「Mettbrötchen(メットブロートヒェン)」

f:id:deutschlife:20160522044042j:image
なんと!!!生の豚ひき肉をパンの上に乗っけたオープンサンド?!
 
生肉、しかも生の豚肉って……?
 
 
最初はかなり警戒していましたが、せっかくドイツにいるんだし、何事も経験だー!と試しに食べてみました。
 
 
すると、意外に美味しいじゃないですかっ?✨✨✨
なんだかネギトロみたいな感じ。しょっぱすぎず、コショウが効いてきて、上に乗った生玉ねぎがまたよく合う!
 
ビールのおつまみ的存在なのか、レストランではビールのお供にMettbrötchenを注文する人がたくさんいました?
 
 
 
ドイツでは生食用の豚ひき肉は「Mett(メット)」という名で売られています。精肉店だけでなく、パン屋さんでもMettbrötchenをよく見かけます。
 
食中毒は大丈夫なのかなー?と心配になるけど、一応、法律で厳しく管理されているらしく、ドイツではメジャーな食べ方のようです。
 
ただし、精肉店では普通の加熱用の豚ひき肉も並べて売られているので、買う時に間違えないよう注意が必要?!!!
 
 
これはきっと日本では食べられないだろうなー。ドイツじゃないとなかなか味わえない、この食べ方。食べてみる価値ありです?✨