ドイツ不思議発見!

デュッセルドルフ在住・海外暮らし初心者の夫婦が日々の生活で発見したドイツの不思議を書き綴ります

リアルクリスマスツリー

11月からすでに街はクリスマスムード。12月になると、もうどこもかしこもクリスマス一色です🎄🎅

 

ドイツで迎える2回目のクリスマス。

一年で一番ワクワクする季節なんじゃないかと思います😄

 

ドイツはさすがキリスト教のお国。クリスマスに向けての気合の入り方が日本とは違います。

キャンドルやクリスマスのインテリアなどを見ていると、あれこれ欲しくなってしまう…

 

その中で、一番憧れるもの。

それは、生のモミの木のクリスマスツリー🌲✨

ドイツではクリスマスツリーとして主流のようなのか、たくさん見かけます。

…日本だとIKEAくらいでしか、なかなか手に入らないそうですね。

 

クリスマスに近づくにつれ、街ではモミの木売り場が増えます。

f:id:deutschlife:20161214152522j:image

こんな感じで、普段は特に何もない教会の広場や街角に、モミの木売り場が突如出現。

大きさも様々です。

そして、何気に安い。

 

f:id:deutschlife:20161214152735j:image

購入すると、運びやすいようにネットで包んでくれます。

モミの木にネットを被せるための専用の機械も置いてあったり。

 

見ていると、けっこう大きいものを買っていくんですよね、みんな。

二人掛かりじゃないと運べないくらいの、大きなものが人気の様子。

ドイツの家は日本に比べて広いので、大きなクリスマスツリーでも平気で飾れるんだろうなぁ。

 

切りっぱなしの生木をどうやって飾るかというと、専用のスタンドがあり、それに挿して立てるのです。

f:id:deutschlife:20161214155328j:image

聞いた話によると、その専用スタンドの方がモミの木よりも高価だとか。

 

 

さて、本場ドイツでは、クリスマス直前にモミの木を購入し、イヴに飾り付けをするのだとか。

そして、年を越して1月7日まで飾るのだそうです。

日本だと、早ければ11月末くらいから出して、クリスマスが過ぎればすぐしまってしまいますよね…。

そういうところは、雛人形とかの感覚と同じなんだろうな🎎

 

 

ドイツで暮らしあるあるで、一度は憧れる、生のモミの木。

私もリアルクリスマスツリーに憧れる日本人の中の一人です。