ドイツ不思議発見!

デュッセルドルフ在住・海外暮らし初心者の夫婦が日々の生活で発見したドイツの不思議を書き綴ります

ドイツの高速(アウトバーン)は速度無制限⁉︎ ~アウトバーン走行時の注意点~

世界中探して『これはドイツだけ』と思うこと。

それは高速道路(アウトバーン Autobahn)の『速度無制限』。

正確に言うと、『アウトバーンで速度制限表示がないところは速度無制限』です。

つまり、高速道路は速度制限があるところ・ないところがあります。

 

そんなアウトバーン走行時に注意していることをまとめました。

 

走行車線走行時

速度制限が無い区間での速度は走行車線でも比較的早く、2車線でも走行車線の速度が130km/hを超えることはざらにあります。

そんな中、前の車を追越す時、合流で入ってくる車を避ける時などは、追越車線に車線変更が必要です。

そこで注意しないといけないのは、追越車線は、意味が分からないぐらい速い車が走行していることがある、ということです。

追越車線を180kmや時には200㎞/h越えで走行しているクレイジーな人がいます。

なので追越車線に出るときは、日本以上に後ろからの車に注意しています。

f:id:deutschlife:20170712060709j:plain

 

追越車線走行時

今度は、走行車線から出てくる車に注意が必要です。

ドイツ人は後ろを確認しないと思っていいくらい、
ありえないタイミング、ありえない速度差でも出てきます。

前だけ見て、出てきたいときに出てくるという感じ。

注意しないと急ブレーキを踏まざるを得なくなるときもあります。

前を走っている車が急ブレーキを踏むこともあるので注意。

速度差が50㎞/h以上ある時とかは、かなり走行車線の動きを気にします。

f:id:deutschlife:20171229085328p:plain

 

走行車線・追越車線走行時共通

突然の渋滞

急に前が詰まるということがよくあります。

理由はいくつかあって、
速度無制限から、制限速度区間に入るのが一つ。無制限→100km/h制限ということも。ドイツ人は、無制限ならぶっ飛ばしますが、速度制限が付くとルールを守る傾向があります。オービスが多いのが理由の一つ。

 

工事で前が詰まることも多い。

ドイツは工事しているところがすごく多いのですが、
速度無制限のせいで、アスファルトがより傷んでいるのでは?と推測。

 

基本は右側走行

走行車線が空いていれば、できるだけ入るようにして下さい。

ドイツでは、走行車線が空いている時に、追越車線を走り続けることは違反です。

なにより追越車線は後ろから超絶速い車が来ます。

 

オービスに注意

速度制限があるところでは速度取締機に要注意。

速度無制限から制限区間に入った瞬間にカメラがあることも。
場所によっては、合流地点や工事現場などの60㎞/h制限の区間に、オービスが置かれています。

高速出口もカメラが多いので要注意。

 

 

ドイツのアウトバーンは、高速走行できることが魅力ですが、その分危険もたくさん。

慣れるまでは、無理のない速度で走行し、周りをよく見て運転して下さい。