ドイツ不思議発見!

デュッセルドルフ在住・海外暮らし初心者の夫婦が日々の生活で発見したドイツの不思議を書き綴ります

ドイツの高速(アウトバーン)は速度無制限⁉︎

世界中探して『これはドイツだけ』と思うこと。

それは高速道路(アウトバーン Autobahn)の『速度無制限』。

正確に言うと、『アウトバーンで速度制限表示がないところは速度無制限』です。

つまり、高速道路は速度制限があるところとないところがあります。

 

そんなアウトバーン走行時に注意していることを書きます。

またおまけで、ドイツ車で高速走行した時の個人的感想をご紹介します。

*本記事は、スピード走行することを推奨するものではありません。

 

アウトバーンで注意していること

走行車線走行時

速度制限が無い区間での速度は走行車線でも比較的早く、2車線でも走行車線の速度が130km/hを超えることはざらにあります。

そんな中、前の車を追越す時、合流で入ってくる車を避ける時などは、追越車線に車線変更が必要です。

そこで注意しないといけないのは、追越車線は、意味が分からないぐらい速い車が走行していることがある、ということです。

追越車線を180kmや時には200㎞/h越えで走行しているクレイジーな人がいます。

なので追越車線に出るときは、日本以上に後ろからの車に注意しています。

f:id:deutschlife:20170712060709j:plain

 

追越車線走行時

今度は、走行車線から出てくる車に注意が必要です。

ドイツ人は基本後ろを見ないと思っていいくらい、
ありえないタイミング、ありえない速度差でも出てきます。

出てきたいときに出てくるという感じ。

注意しないと急ブレーキを踏まざるを得なくなるときもあります。

前を走っている車が急ブレーキを踏むこともあるので注意。

速度差が50㎞/h以上ある時とかは、かなり走行車線の動きを気にします。

f:id:deutschlife:20170712061226j:plain

走行車線・追越車線走行時共通

突然の渋滞

急に前が詰まるということがよくあります。

理由はいくつかあって、
速度無制限から、制限速度区間に入るのが一つ。無制限→100km/h制限ということも。ドイツ人は、無制限ならぶっ飛ばしますが、速度制限が付くとルールを守る傾向があります。

さすがまじめなドイツ人。

工事区間に入り、前が詰まる原因の一つ。ドイツは他の国と比べて工事中の区間が多い
急に車線が少なくなり、前が詰まるということがあります。工事が多い理由は、速度無制限のせいで、アスファルトがより傷みやすいのではないか?と推測。

 

基本は右側走行

3車線ある場合、一番右側が開いていたら、できるだけ入りましょう(トラックがいない場合)。

ドイツでは、走行車線が空いている時に、追越車線を走り続けることは違反になることと、なにより追越車線は後ろからわけのわからない速度の車がきます。

 

おまけ

今までに、ベンツ、アウディ、BMW、ルノー、プジョーと、主要なヨーロッパ車の2L以上のクラスに乗る機会がありました。

ドイツ車及びヨーロッパ車は、高速安定性と100㎞/hを超えてからの加速が日本車よりもいい気がします。(勘違いかもしれません。)

 

今までで断然良かった車は、メルセデスベンツ Eクラス 2L ディーゼル

2016年にモデルチェンジをした、新Eクラスです。高速安定性・加速性能が格別。

200㎞/hまでガンガン加速し、200㎞/hを超えても安定した走りをしていました。全然怖くない。
速度は220㎞/hまで到達しました。

多くの車が160km/hを超えたあたりから不安定になり、これ以上速度を上げるのが怖くなります。

でもさすがベンツ Eクラス、220㎞/hまで出してもその安定性は保たれていました。

エンジン的にもまだ余裕があり、もう少し出せると思いましたが、後ろからポルシェが迫って来たので、走行車線に逃げました。。。

 

↓ VW ゴルフ7 ディーゼル 1.6Lでアクセルベタ踏みしたとき。

f:id:deutschlife:20170712030641j:image

ノンターボでしたが、160km/hまではグイグイ加速します。

それ以降は、アクセルベタ踏みでもあまり伸びませんでした。

(写真は助手席から撮影)

 

本記事は、スピード走行することを推奨するものではありません。交通ルール・マナーは守って運転してください。速度を出すときは、1. 路面状況がいい(アスファルトが荒れていない。乾いている。)、2. 交通量が少ない、 3. 視界が良い、等の確認をし、細心の注意を払っています。速度をだしたことに関する話は、アウトバーンの速度無制限区間での話です。