ドイツ不思議発見!

デュッセルドルフ在住・海外暮らし初心者の夫婦が日々の生活で発見したドイツの不思議を書き綴ります

Bonn(ボン)~ベートーベンとハリボーの街~

ベートーベンとハリボーが生まれた街、ボン。

世界的音楽家と世界的お菓子の生まれた街、ボン。

 

旧西ドイツの首都でもありました。

 

ドイツ人に「ボン」という単語を出すと、真っ先にかえってくるのが「西ドイツの首都」、「ハリボー」、続いて「大学」

ベートーベンは二の次感があります💦

一部のドイツ人からは、「えっ、ウィーンでしょ?、ベートーベン」という答えが返ってくることも。

 

そんな、ベートーベンが可哀想な扱いを受ける街?ボンへ行ってきました。

 

車で行ったので、Stiftgarage( Kölnstraße 10, 53111 Bonn)というパーキングに停めました。

ここは少し変わった駐車料金システムで、時間が長いと割高になっていきます。

http://stiftsgarage.de

 

でもここは、観光名所に近いんです。大通りを渡り、Bonngasse通りに入ると、ベートーベンが生まれた家が見えてきます。

f:id:deutschlife:20170522032820j:plain

 

ベートーベンハウス(Beethoven-haus)

f:id:deutschlife:20170522032816j:plain

今は博物館になっていて、実際に使っていたピアノや直筆の楽譜などが展示されています。ベートーベンの肖像画も飾られているそうです。

 

近くにはベートーベンホテル。f:id:deutschlife:20170522032821j:plain

 

さらに近くには、ヨーロッパ土産定番、お土産コイン。

ここにもベートーベンさんがいました。

f:id:deutschlife:20170522032830j:plain

 

Bonngasse通りは著名人たちが地面に並んでいます。

f:id:deutschlife:20170523030530j:plain

f:id:deutschlife:20170523030359j:plain

彼はシューマン。

もちろんベートーベンもいますよ。探してみてください。

 

結構ベートーベン押しの街なのに、一部のドイツ人にとっては、ボンとベートーベンがリンクしないなんて。不思議。

 

真っすぐ進んでいくと広場に抜けました。

ここでは市場がやっていました。

f:id:deutschlife:20170522032838j:plain

この時期の目玉は、イチゴと白アスパラ。

5月初旬からドイツ産イチゴが各地のマルクトで売り出されます。

試しに買ってみることに。
食べてみると、びっくりするぐらい甘くて、美味しいイチゴ🍓
この後、歩きながら何個もパクパクしちゃいました。

白アスパラは € 3.0 / ㎏とデュッセルドルフの半値以下なのでびっくり。

 

広場は、カフェやレストランがたくさん並んでました。

ここは人がたくさん並んでいたアイスカフェ。

f:id:deutschlife:20170522033053j:plain

ドイツ人は本当にアイスが好きです🍨

 

市庁舎(Rathaus)

f:id:deutschlife:20170522033139j:plain

白くて立派な市庁舎です。

 

広場からRemigiusstraßeに入り、もう一つベートーベンに関するものを見に行きます。

途中、謎のモニュメントを発見。

f:id:deutschlife:20170522033111j:plain

ある角度から見ると、ベートーベンの横顔ぽく見えた気がしました。気のせいかもしれませんが。。

 

通りを抜けた広場にあるのが、

ベートーベン記念碑(Beethoven-Denkmal)

f:id:deutschlife:20170522033050j:plain

ドイツ人の憩いのスペースとなってました。

 

広場を挟んで、記念碑と反対側にあったのが、ボンミンスター(Bonner Munster)と呼ばれるカトリック教会。

f:id:deutschlife:20170522032908j:plain

 

教会の横には謎の石像が横たわっています。

f:id:deutschlife:20170522032916j:plain

 

続いて行ったのが、

ハリボーストア(HARIBO Store)

f:id:deutschlife:20170522032920j:plain

外装工事中でしたが、ちゃんと営業してました。

ハリボーは、Hans RiegelさんがBonnで創業したことから、HARIBOと名付けられました。

ドイツで売ってるハリボーが硬いのは、ハンスさんが子どもの咀嚼力を強くしたかったから。日本のものと比べてみてください。嚙み応えがすごいです。

 

中に入るとハリボー商品がずらり。

f:id:deutschlife:20170522032932j:plain

定番商品もたくさんありました。

その中でお土産にぴったりのハリボーを発見。

f:id:deutschlife:20170522033007j:plain

f:id:deutschlife:20170522032959j:plain

ドイツの観光名所をかたどっています。

 

定番の量り売りコーナー。

f:id:deutschlife:20170522033008j:plain

 

ドイツ国外で売られている商品も並んでました。北欧等で作られている商品が売られています。

f:id:deutschlife:20170522033017j:plain

 

2階はハリボーグッズ売場に。こちらもお土産にいいですね。

f:id:deutschlife:20170522033013j:plain

 

以前に行った、ゾーリンゲンにある工場直営のお店と比べて、敷地面積は少なかったです。

でも、さすが地元というだけあって、コンパクトながら商品は充実していました。

 

最後に駐車場から見えたホテル。

f:id:deutschlife:20170522033100j:plain

「“Bonn” Voyage」

まじめなドイツ人が見せた遊び心にほっこりし、家路につきました。