ドイツ不思議発見!

デュッセルドルフ在住・海外暮らし初心者の夫婦が日々の生活で発見したドイツの不思議を書き綴ります

フロイデンベルグ ~モノトーンの建物が連なる不思議な町~

ケルンから東へ約80kmのところにフロイデンベルグ(Freudenberg)という町があります。

ドイツの古い町はカラフルな木組みの家が多いですが、ここフロイデンベルグの建物は全て白黒。

何とも不思議なモノトーンの世界を作っている町だとか。

 

週末を利用して、車で行ってきました。

 

アクセス

注意点は、ドイツにFreudenbergという町が2つあります。
郵便番号 57258のFreudenbergに向かいましょう。

車の場合は、ツーリストインフォメーションに向かって走り、Zum Kurparkという通り沿いに3時間無料の駐車場があります。

公共交通機関の場合は、Siegen駅からバス(R37、38)に乗り、Freudenberg Bahnhofstraßeで下車。そこから5分ほど歩きます。

 

僕たちは車で行きました。
駐車場から少し歩くと、白黒の建物がたくさん見えてきました。

f:id:deutschlife:20170709221538j:plain

青い空とモノトーンの建物のコントラストがすごくきれい。

早速、町中に入っていきたい!という衝動がありましたが、絶景ポイントがあるということなので、町歩きの前にまずはそちらに向かうことにしました。

 

フロイデンベルグの絶景ポイント

町中から歩いてすぐのところにKur Parkという小高い丘になった公園があります。

Kur Parkの入り口に建つ標識。
FOTOBLICKの方向に向かいます。

f:id:deutschlife:20170709030257j:image

少し階段を上ると。。。

 

 

絶景ポイントに到着!!

f:id:deutschlife:20170709221604j:plain

白黒の建物が並ぶ景色は圧巻。

建物の外観は17世紀のままに保たれているそうです。

 

公園にはベンチも併設。

f:id:deutschlife:20170709221629j:plain

 

ここからの眺めも素敵。

お弁当を持ってくれば、まったりできて最高だな~。

 

フロイデンベルグの町中を散策

Kur Parkから再び町中に戻ってきました。

 

まずはツーリストインフォメーションに。

f:id:deutschlife:20170709031749j:image

閉まってます。今日は土曜日なのに。

まさかの土日休みでした。。

攻めてます。平日は10:00~16:00の営業です。

 

インフォメーション無しで歩くことに。

f:id:deutschlife:20170709221658j:plain

 

 

一番奥の通りのMarktstrasseにはお店やレストラン・カフェが並んでます。

フロイデンベルグは木をたくさん使った町だけに、木工細工の雑貨屋が幾つかありました。

f:id:deutschlife:20170709221728j:plain

丘から見える場所は白が基調の壁でしたが、反対は黒が基調。

日本の瓦みたいなものに覆われてる壁です。 
なんで壁の色が違うんだろう?

 

どの建物も素敵。 

f:id:deutschlife:20170709221753j:plain

200m四方程度の小さい町なので、1時間ぐらいでぐるっとまわることができました。

 

冬には雪で真っ白になるそうです。

雪に覆われた町も見てみたいな~。

 

大都市から少し離れた町なので観光客も少なく穴場スポットです。