ドイツ不思議発見!

デュッセルドルフ在住・海外暮らし初心者の夫婦が日々の生活で発見したドイツの不思議を書き綴ります

ごぼう…?

去年の今頃、スーパーで彼を見つけたとき、一番に思ったこと。

「まさかドイツでも手に入るとは!!!」

 

日本では確か季節問わずスーパーに並んでいたのに。

ドイツではこの時期くらいから、しれっと並び始めます。

カラフルな野菜たちに囲まれると、途端に存在感を失い、なかなか目にとまりません。(私だけかもしれないけど?)

 

それが、黒ずくめの彼!

f:id:deutschlife:20160930002114j:image

ごぼう…?

 

ドイツ語では「Schwarzwurzel」と言うそうです。

 

見た目は完全にごぼう!

しかし、匂いは……ごぼうじゃない…

というか、無臭…

 

あれ?なんだこれ⁉︎⁉︎

 

皮を剥くと、手がベタベタになるし。間違えて接着ボンドを手に付けてしまったときみたい。

水にさらしても、日本のごぼうほどアクも出ないし…

 

なんだこれ〜??

と不思議に思いつつ、最初はキンピラにして食べてみました。

 

 

う〜ん、ごぼうの味はしない。

あのシャキシャキ感も感じられない。

 

ますます深まる謎…?

 

 

調べてみると、彼はごぼうではなく、「キクゴボウ」「西洋黒ごぼう」と呼ばれる、ごぼうとは全く別のものらしいです。ちなみに地中海沿岸が原産地。(Wikipediaより)

元を辿ると、キク科の植物だそうで。

じゃあ、私はキクの根っこを食べていたってことなのかー?!!!

そりゃあ、ごぼうの味がしないのも当然ですね!

 

 

さて、何者か判明してすっきりしたところで、今度はニンニクとオリーブオイルで炒めて、ペペロンチーノ風にしてみました。

f:id:deutschlife:20160930041529j:image

キンピラみたいに炒め煮にしないで、サッと火を通すだけのほうが、シャキシャキした食感も失われずに済むみたい。

前に食べたキンピラよりも美味しかったです。

 

 

このキクゴボウは、ごぼうみたいに土臭い感じが無いので、あの味が苦手〜??という人にはちょうどいいかも。

でも、私みたいにごぼうを期待して食べると、なんだか物足りないような、モヤモヤした気持ちになります?

 

 

もっと他にキクゴボウの美味しい食べ方はないかなぁ?

黒ずくめの彼を見るたびにそう思う、今日この頃です。