ドイツ不思議発見!

デュッセルドルフ在住・海外暮らし初心者の夫婦が日々の生活で発見したドイツの不思議を書き綴ります

ドイツ女子の憧れ 『馬』

ドイツに来て、不思議に思ったこと。

それは、やたら『馬』に関する女の子向けグッズが多い。

これがなぜなのかやっとわかりました!

 

まずはどんな『馬』グッズがあるのか、ざっくりご紹介。

 

 

巷に溢れる馬グッズ

筆箱、ノート、鉛筆等。

f:id:deutschlife:20171113224433j:image

f:id:deutschlife:20171113224416j:image

 

おもちゃも馬に関わるものが多い。

f:id:deutschlife:20171113224536j:image

ドイツのフィギュアメーカー・シュライヒでも馬がずらり。馬だけで何種類あるんだろう⁈

 

f:id:deutschlife:20171113224647j:image

乗馬をしている人形なんて当たり前。

 

f:id:deutschlife:20171107001457j:image

世界的に人気のバービーだって、ドイツでは隣に馬。お手入れのブラシも持っています。笑

 

年頃の女の子の部屋は、馬グッズで溢れているとか、いないとか。

 

ちょっと日本人には理解できないですよね。。

だって、「馬好き」=「競馬好きのおじさん」というイメージ(…私だけか?笑)。

 

馬が人気の理由とは…

どうしてこんなにも馬が人気なのか??

その答えは、女の子に人気のスポーツが関係しています。

 

ドイツ女子の間では、乗馬・馬術が大人気!

そして、乗馬をやってる多くの女の子の夢は『自分の馬を持つこと』。

そんな、バカな⁈と思いますが、私の同僚の娘さんの友だちには、実際に場所を借りて『自分の馬』を飼っている子もいるんだそうです。

 

もちろん、毎月の餌代や医療費がとんでもない額になるそうで、「私も馬が欲しい!」とせがまれるのを、なんとかなだめるのが大変だ、と嘆いてました。

 

大都市近郊で馬を飼ってる友達がいるなんてびっくり‼︎

 

 

女性の同僚からも、子どもの時に馬を飼っていた、『競技馬術』をやっていた、とか、休暇は1週間ずっと乗馬をしていた、等々、当たり前の様に馬の話を聞きます。

 

そこまで普通だと、馬に乗ったことのない自分が変わってるみたい。笑

 

 

ドイツはオリンピック競技『馬術』も強いんです。

ここ何大会を見てもドイツが個人・団体ともに多くのメダルを取っています。

これも憧れの要因の一つ。

 

ちなみに『馬術』の人気が高いのは、ヨーロッパでは、イギリス・ドイツ・オランダ・スイスだそうです。(ドイツ人同僚調べ)

 

ドイツに来た際は『馬』に注目すると面白いかも。