ドイツ不思議発見!

デュッセルドルフ在住・海外暮らし初心者の夫婦が日々の生活で発見したドイツの不思議を書き綴ります

クレラーミュラー美術館 ~巨大国立公園に佇む美術館~

オランダの実業家、アントン・クレラー・ミュラーさんと、その奥様のヘレンさんのコレクションを基に開館した美術館。

 

様々な有名絵画をコレクションしてますが、特筆すべきは『ゴッホ』。

ゴッホ美術館に次ぐ、ゴッホ作の絵画を展示しています。

 

国立公園内に建っていて、公園内は無料の貸自転車で散策もできるんだとか。

 

デュッセルドルフから車で約90分で行けるので、週末を利用して、日帰りで行ってきました。

 

そこには、意外な事実がたくさんありました。

特に車で行く人には知っておいた方がいいことが…。

 

 

まずは国立公園に到着。

デュッセルドルフからナビに従い、3つある内の「Rijzenburg」という入り口から入りました。

f:id:deutschlife:20170605193314j:image

f:id:deutschlife:20170605193330j:image

ここで、公園への入場料(人と車)と美術館のチケット代を支払います。

 

公園入口には、無料の貸自転車があり、ここに車を置いて、自転車で美術館に行くことできます。

 

車の入場料(€ 6.6)をケチって自転車で行こうかと思いましたが、結局車で中に入ることを決めました。

 

この時の判断が、後々大正解に。

 

国立公園に入ると広大な森が広がります。

f:id:deutschlife:20170605193430j:image

車を5分走らしても到着する気配がありません。いや、森を抜ける気配すらない。

 

するとまさかの砂地が現れます。

f:id:deutschlife:20170605193638j:image 

ここはどこ?

 

このあと、林を抜けやっと到着しました。

トータル10分ぐらい。約10km。

 

後々調べてみると5000ヘクタールの面積があるとか。(東京ディズニーランド100個分)

 

どんだけ広いんだ‼︎ 車を外に止めないでよかった。

 

クレラーミュラー美術館(Kröller Müller Museum)

f:id:deutschlife:20170605193123j:image

やっとの思いで着いた美術館。

 

早速ゴッホギャラリーに向かいます。

その入口では、夫妻のゴッホ絵画の購入履歴が記してありました。

f:id:deutschlife:20170605194752j:image

f:id:deutschlife:20170605194809j:image

凄い量。ゴッホは生きている時には、1枚しか売れなかったと言われています。知ったらびっくりするだろうな。

 

数あるゴッホの絵画の中で、1番のお目当はこれ。

 

夜のカフェテラス

f:id:deutschlife:20170605195003j:image

アルル地方のカフェを描いた作品。

昔、ポスターで見たことがあって、一度本物を見てみたいと思っていました。

 

夜の色の綺麗さとカフェの灯りの穏やかな感じがすごく好き。

 

実は、このカフェいまだ営業しているとのです。夜に行ってみたい。笑

 

ゴッホの初期の作品は農民の生活を描いており、その時はすごく暗い色使いの絵ばかりでした。

f:id:deutschlife:20170605195607j:image

夜のカフェテラスはその時代とは全くテイストが異なります。

 

その他にも有名画家の絵画がありました。

ピカソ作『バイオリン』

f:id:deutschlife:20170605205219j:image

 

モネの絵も。

f:id:deutschlife:20170605205256j:image

 

この風景画もすごく綺麗。

f:id:deutschlife:20170605205720j:image

 

また、彫刻の庭と呼ばれる、現代アートが点在した庭も併設されています。

f:id:deutschlife:20170605205418j:image

f:id:deutschlife:20170605205751j:image 

f:id:deutschlife:20170605205825j:image

f:id:deutschlife:20170605205849j:image

 

 

全体の作品数でいうと、6割以上は、現代アートでした。

端的にこの美術館を表現すると、ゴッホと現代アートwithその他絵画。って感じでしょうか。

意外と現代アートが多かったことにびっくり。国立公園内にあるからもっとお堅いかと思ってました。

 

公園の自転車に関して

この白い貸自転車が、無料の貸自転車。

f:id:deutschlife:20170605210556j:image

何か足りないのに気がつきませんか?

 

f:id:deutschlife:20170605210638j:image

なんと、ブレーキが無いんです‼︎

 

公園入口から約10kmを、ブレーキ無しで走るのは怖い。

 

クレラーミュラー美術館へ車でお越しの際は、車で入ることをオススメします。

もしくは自分の自転車を持ってくるか、有料のブレーキ付自転車を借りるかですね。

 

公園内には、たくさんの人がサイクリングをしていました。見た感じ、半分以上はサイクリング目的かな。

 

帰る道中、砂地に突如現れたアイススタンド。

f:id:deutschlife:20170605210856j:image

サイクリングしてる人たちがホイホイと捕まってました。

僕らも車でしたが、見事につかまり、その後家路へつきました。

f:id:deutschlife:20170605212853j:image