ドイツ不思議発見!

デュッセルドルフ在住・海外暮らし初心者の夫婦が日々の生活で発見したドイツの不思議を書き綴ります

クレジットカードを不正利用されました

駐在員・出張者のトラブルあるある。一つがスリ被害。もう一つがクレジットカードのトラブルです。

 

私の周りでは、スリの被害は約3人に2人、クレジットカードの不正利用は約5人に1人ぐらいの確率で被害にあっています。

 

この度、ついにクレジットカードを不正利用されました。

ちなみに手元にカードはあります。盗まれていません。

 

不正利用に気が付いた経緯から、対応までを書きました。

 

不正利用に関する連絡を受け取る

7/12付で、手紙を受け取りました。自分では一切気が付かず。。

手紙の内容は、不正利用の疑いあり。以下の使用履歴を確認して連絡がほしいと。

・ 7/11 18:35 449.90€  ドイツにて
・ 7/11 18:35 379.90€  オランダにて
・ 7/12  7:03  3.79€  アメリカにて

 

なんと、身に覚えの無い使用履歴が3件も!
上記2点は、服屋さんでの使用です。こんな高い服なんて普段は絶対買わない!!

 

なぜカード会社が、これらを不正だと気がついたのか? すごく不思議です。

 

クレジットカードの管理会社へ電話

クレジットカードは、ドイツの銀行経由でVISAを契約。カードの管理は別の会社です。そこで管理会社に電話します。

英語で「不正利用に関して、手紙を受け取りました。これらのものを買った覚えはありません。」

と伝え、続けて、本人確認用の住所情報とカード番号を伝えたところ、

「分かりました。カードをブロックして、新しいカードと暗証番号を送ります。1週間ぐらいで届きます。古いカードは破棄(デストロイ)してください。」との回答。

 

すごく手馴れてる。。

 

続いて、「最初の444.90€は承認されてます。残りの2つはブロックされてます。ですので返金手続用の手紙を送ります。それに必要事項を記載して返信してください。そうすれば444.90€は戻ってきます。

とのこと。

 

これからの手続き

1. クレジットカードと暗証番号が届くのを待ちます。ドイツでは最初の暗証番号は自分では決められず、カードとは別々に送られてきます。

 

2. 返金手続きの書類を待ちます。これについては、後日アップデートします。

 

7/28 追加: カードは3日後、暗証番号は7日後に届きました。返金手続書類はまだ届きません。でもWEB明細を見ても引き落としを確認できないので、カード会社で処理した可能性が高いです。

 

最後に

何が原因かさっぱり分かりません。

心当たりもありません。

 

また、不正使用に気がついて、すぐ連絡するカード会社もすごい。
その後の対応も流れるようでした。

 

手紙に気がつき、電話が終わるまでわずか10分。。

日本人だけでなく、このような被害は多いのかも。

 

今回は、管理会社からすぐ連絡があったからよかったものの、気がつかなかったらと思うと。。

使用履歴をこまめに確認することの大事さに気付かされました。

 

クレジットカードの使用料金が高いのは、こういった犯罪が多いからなのかな。

 

↓以前書いたスリに関しての記事です。