ドイツ不思議発見!

デュッセルドルフ在住・海外暮らし初心者の夫婦が日々の生活で発見したドイツの不思議を書き綴ります

今が美味しい!ムール貝

普段、魚介類を気軽には食べられないドイツ。

身近なスーパーで手に入る魚介類といえば、スモークサーモンやボイルのエビか、冷凍の魚くらい。そして、どれも安くはない…

ましてや生の貝類なんて、魚屋さんや日本食スーパーまで行かないと、なかなか手に入りません。

 

そんな「魚介類に飢えた」我が家にとっては、嬉しい季節がやってきました✨

スーパーでこれが手に入る季節がきたのです!

 

それが、こちら。

Miesmuscheln(ムール貝)!!!

f:id:deutschlife:20161110013658j:image

1kgも入って、約2€という破格の安さ!

REWEやKaiser'sなど一般のスーパーなら、だいたい1パック2〜3€で手に入ります。

 

ムール貝…

なんてオシャレな響き…✨

日本では、家でアサリやシジミくらいしか食べてなかった私にとっては、ムール貝なんてオシャレな貝が、スーパーでこんなにもお安く買えるというのが驚きでした。

 

そんなムール貝、冬が美味しい時期だそうで、聞いた話によると、語尾に「er」が付く月(September :9月〜Dezember :12月)が一番美味しく食べられる時期なのだとか。

 

そう、まさにちょうど今!

 

街の魚料理レストランなどでも、ムール貝を食べている人をよく見かけます。

ただ、お店だと14〜15€は当たり前なので、うちはもっぱら家でムール貝を楽しんでいますが。

 

さて、どうやって食べるかというと、おそらくこの食べ方が一番メジャーな模様。

f:id:deutschlife:20161110015204j:image

ワイン蒸しです。

セロリや玉ねぎなど香味野菜をバターで炒めて、ムール貝を入れたら、後は白ワインで蒸せば完成!

あまり火を通し過ぎると固くなってしまうそうで、加熱も数分でOKだそうです。

ムール貝の下処理が面倒だけど、そこが終われば、後はとっても簡単♬

 

食べ終わった残りのスープは、パスタやリゾットにして食べると、貝の旨みたっぷりでとっても美味しいです。

 

 

ムール貝専用の鍋(写真は普通の鍋ですが…)も売っていたり。

レストランなどでも、写真のようにまるっと鍋ごと出てきます。しかも、一人一鍋!!!

そして、慣れている人は、フォークではなく、空になった貝殻を使って上手に食べるのです。なんとも器用なこと。

 

 

この時期が美味しいムール貝。

ぜひ一度は味わってみてはいかがでしょうか?

f:id:deutschlife:20161110021046j:image

「あ!ちっちゃなカニ発見!」

なんて、宝探しみたいな楽しみ方もできますよ〜✨