ドイツ不思議発見!

デュッセルドルフ在住・海外暮らし初心者の夫婦が日々の生活で発見したドイツの不思議を書き綴ります

ドイツの生理用品②(タンポン、その他)

前回から引き続き、女性向けのお話です。

今回はタンポンやその他の生理用品等について書いていきます。

*生理用ナプキン、おりものシートについては、前回の記事  ドイツの生理用品①(生理用ナプキンとおりものシート) をご覧ください。

 

タンポン(ドイツ語:Tampon

f:id:deutschlife:20170427235835j:image

ドイツではタンポンが主流なのか、日本よりもたくさん売られています。

ナプキン同様、メーカー品からプライベートブランドまで。

値段は2〜3€程度(たくさん入ったものは4€程度)。日本よりも安い気がします。

 

気になる中身はこんな感じ。

f:id:deutschlife:20170428000053j:image

左から、

ふつうの日用(アプリケーター付き)

ふつうの日用(アプリケーター無し)

ドイツでは、右のようなアプリケーター無しのものがほとんどです。

日本では、アプリケーター付きが主流ですよね。

 

f:id:deutschlife:20170428000713j:image

アプリケーター付き(Tampons in Compact Applicator)のものは、この「o.b」という商品のものしか、私はお目にかかったことがありません。

 

封を開けたのが、こちらです。

f:id:deutschlife:20170428000814j:image

アプリケーター付きは、伸ばして使うタイプ。

アプリケーター無しは、指で持って、直接入れて使います。

持ち運びにはアプリケーター無しの方がかさ張らなくて便利だけど、慣れないと使いづらいし、出先だと衛生面もちょっと気になります…。

 

とはいえ、ドイツに来てから、私もタンポン派になりました。使ってみるととってもラク✨

カサカサとしたビニール感の気になるナプキンよりも、タンポンの方が快適です。

 

f:id:deutschlife:20170428002709j:image

f:id:deutschlife:20170428002939j:image

サイズもたくさんあります。

多い日の夜用から少ない日用まで。気のせいかわからないけど、多い日用はかなり太めに感じます。親指くらいの太さはある…。

 

f:id:deutschlife:20170428002842j:image

ナプキンと同じく、量は「💧」マークで示されています。 

 

アプリケーター無しタイプの持ち運び用に、可愛い缶入りのものも時々売っています。ポーチにそのまま入れるよりも衛生的かも。

 

 

経血カップ(ドイツ語:Menstruationstasse

f:id:deutschlife:20170428012142j:image

名前は聞いたことあったけど、ドイツに来て初めて目にしました。

S・M・Lと3種類のサイズがあります。

洗って繰り返し使えるものなので、お値段は高め。1つ16€くらいです。

 

経血カップって日本でも売っているのかな?

私は使ったことがないので、使用感はわかりません。どんな感じなのでしょうか?…興味はあるけど。

 

 

生理用品ではないけれど、こんな商品もあります。

吸水ベッドパット(吸水シート)(ドイツ語:Betteinlagen

f:id:deutschlife:20170428012950j:image

大人用おねしょシート⁈

出血量の多い日など、漏れが心配な夜に、お尻の下に敷いて寝ると安心かも。使い捨てなのも便利✨

子どものおねしょシートとしても使えるみたいです。(子ども用の洗って繰り返し使えるおねしょシートは、別でも売っています)

 

 

番外編。

男性用ナプキン⁈⁈

f:id:deutschlife:20170428013707j:image

吸収プロテクター(Absorbierende Protektoren)とあるので、漏れ予防の商品なのでしょうか?…謎です。

旦那さんに教えたら、「え!なにこれ?何に使うの⁈」と驚いていました。

 

 

以上、ドイツのドラッグストア等で手に入る生理用品+αのご紹介でした。

 

前回も書いた通り、日本の生理用品のクオリティはとても高い!

どれだけ生理期間を快適に過ごせるか、各メーカーが如何に研究を重ね、より良い商品を提供してくれているかがよくわかります。幸せなことですよね😊

 

ドイツの生理用品も日本ほどではないけれど、悪くはないです。思ったよりもクオリティは高いんじゃないかな。私は割と快適に過ごせています。

 

ただ、もしもスーツケースや引っ越し用ダンボールに少しでも空きがあるのなら、日本の生理用品を詰めてくることをオススメします。ナプキンならクッション材代わりにもなるしね✨

日本に帰る際に、余った生理用品が邪魔であれば、友人に譲ると大変喜ばれます。また、女性への日本からのお土産として渡すのも良し。

 

女性にとっては、気になる生理用品事情。少しでも参考になれば、幸いです。