ドイツ不思議発見!

デュッセルドルフ在住・海外暮らし初心者の夫婦が日々の生活で発見したドイツの不思議を書き綴ります

シュタイフミュージアム ~ドイツ生まれのぬいぐるみ~

ドイツブランドのシュタイフ(Steiff)、世界的有名なぬいぐるみメーカーです。

本場ドイツのシュタイフミュージアムに行ってきました。

 

 

シュタイフ(Steiff)とは

シュタイフ社は1880年に創業し世界で初めてテディベアを作りました。

ぬいぐるみのトップブランド。

創業者のマルガレーテ・シュタイフの信念である、「子どもには最上のものを」というコンセプトを今でも守り続けています。

シュタイフのトレードマークは、ぬいぐるみの耳につけられた「ボタン • イン • イヤー」。厳しい品質管理を通過した証として取り付けられます。

ちなみにテディベアとは、テオドア・ルーズベルト アメリカ元大統領のニックネーム「テディ」から名付けられたそうです。

 

シュタイフミュージアム

シュタイフの創業地であるドイツ ギーンゲンにミュージアムがあります。

f:id:deutschlife:20180127232443j:plain

住所: Margarete-Steiff-Straße 1, 89537 Giengen an der Brenz
営業時間: 10:00 ~ 18:00(毎日営業)

創業者とシュタイフの名前が入ったおしゃれな住所。

f:id:deutschlife:20180127232459j:plain

駐車場の看板からシュタイフ

 

 

ミュージアム前半 物語形式のツアー

シュタイフミュージアムの特徴は前半は物語形式のツアー後半は展示になっている点です。

前半のツアーは日本語で楽しむことができます。オーディオガイドではなく、スピーカーから日本語が聞こえてくる、劇場型ツアー

日本語以外のガイドは、ドイツ語と英語のみ。

『ドイツでこんなことがあるのか』とびっくりしました。

今までたくさんシュタイフを買ってくれた日本人の先輩方に感謝!!!

 

シュタイフ誕生の物語

1番最初の部屋は、シュタイフ誕生の物語です。

マルガレーテ・シュタイフさんが、シュタイフを作ったきっかけを話します。

ミシンの上にいる小さいゾウのぬいぐるみは、甥のために作られました。

これが地元で大ヒットし、シュタイフが生まれました。

f:id:deutschlife:20180127232427j:plain

 

続いて入った部屋では、クマのぬいぐるみ「55PB」が、テディベア誕生秘話を語ります。

f:id:deutschlife:20180127230911j:plain

クマのぬいぐるみ「55PB」。プロトタイプです。

マルガレーテの甥のリチャードが「本物のようなクマのぬいぐるみ」を作りたいと提案したことから、クマのぬいぐるみの製作が始まりました。

特に、“手足が動く”ぬいぐるみというのは、それまで世界に無く、画期的な発明でした。

リチャードは、その後、シュタイフの工場を作りました。

この人は超天才で、後に飛行船やライターを開発しました。

 

3000体のテディベアを探す旅

テディベアはアメリカ人バイヤーの目にとまり、3000体発注されたことから大ブームが巻き起こります。

しかし、ドイツからアメリカへ船で輸送中、テディベア達は行方不明に。その後、今まで1体も発見されていません。

 

そんな逸話を元に新しい物語が始まります。

 

写真の2人が3000体のテディベアを探す旅をする、オリジナルストーリーが展開されます。

f:id:deutschlife:20180127232336j:plain



3000体を乗せた船が沈んだと言われる海底を探したり。

f:id:deutschlife:20170816054033j:image

北極に行き、テディベアたちの行方を聞いたりします。

f:id:deutschlife:20180127232319j:plain

その後も世界中をめぐります。

f:id:deutschlife:20170816210823j:image

 

2人は無事に仲間たちに出会うことは出来るのでしょうか?

 

最後の部屋では感動のフィナーレが待っていました。

 

ここで前半はおしまい。 

 

 

ミュージアム後半 展示

ツアーが終わると後半は展示コーナー。

たくさんの種類のシュタイフを見ることができます。

 

シュタイフ体験コーナー

実際に触ったり乗ることができるシュタイフが多数展示されています。

f:id:deutschlife:20170816180918j:image

f:id:deutschlife:20180127225956j:plain

お家には置けないような巨大な象。本物の子象くらいの大きさ⁉︎

歴代シュタイフ展示

続いての展示は年代別のぬいぐるみの展示。

f:id:deutschlife:20180127231527j:plain

 

初期のテディベアから最新のテディベアまで展示されています。

f:id:deutschlife:20180127231543j:plain

1800年代のテディベア


日本のキティちゃんやくまモンもシュタイフに‼︎

f:id:deutschlife:20180127231659j:plain

f:id:deutschlife:20180127231704j:plain

 

シュタイフ製作コーナー

シュタイフが実際にどう作られるか、その工程を学ぶことができます。

f:id:deutschlife:20180127231032j:plain

テディベアの作製の手順が分かります

職人さんがいて、実際に作っていました。

f:id:deutschlife:20170818052020j:image

 

お土産コーナー

ミュージアム内のお土産コーナー

たくさんかわいいぬいぐるみを見た後では、買いたくなってしまう?

f:id:deutschlife:20170818031542j:image

ぬいぐるみだけでなく、ベビー・キッズ用品も充実していました。

 

ここでしか手に入らない、限定テディベアもいます。

限定品シュタイフは耳のタグが白色。通常品は黄色なんです。

f:id:deutschlife:20180127231158j:plain

2017年限定テディベア。白いタグは限定品。

f:id:deutschlife:20180127231152j:plain

実はそれぞれのぬいぐるみには公式の名前があるんです。黄色いタグは通常品。

アウトレット

f:id:deutschlife:20180127231202j:plain

屋外にはアウトレットショップも。

こちらは少しお安くなっています。

 

ガイドがあったり、自分で触れられる展示コーナーがあったり、シュタイフの良さを存分に楽しむことができました。

見応えがあって、子供だけでなく、大人も存分に楽しめるミュージアムでした。