ドイツ不思議発見!

デュッセルドルフ在住・海外暮らし初心者の夫婦が日々の生活で発見したドイツの不思議を書き綴ります

ツールドフランス ~2017年はデュッセルドルフからスタート~

ヨーロッパに来るまでは、名前しか知らなかったツール・ド・フランス(Tour de France)

 

なんと2017年は、ここデュッセルドルフからスタート‼

ドイツからスタートするのは、30年ぶり4回目とのこと。

デュッセルドルフで行われるのは、1日目のステージ1と2日目のステージ2です。

 

こんな機会は滅多にない‼︎

ということで、にわかファンになり、見に行きました。笑

 

日本人の新城選手も出場しています。

 

 

 

7月1日 Stage 1 タイムトライアル 14km

1日目は、1人で14㎞を走り、タイムを競います。

みんなで走るものだと思っていたので、個人のタイムトライアルがあるなんて知らなかった。

 

デュッセルドルフの街中が、コースの舞台。

 

ラインタワー(Rheintrum)が見える、ライン川沿いを走ったりします。

どこも、声援に駆け付けた人がたくさん。

f:id:deutschlife:20170703012819j:image

ちなみに、画面左奥に見えているのは、建設中の移動遊園地 (Kirmes)。

 

雨が降り、地面は濡れています。

f:id:deutschlife:20170703013030j:image

そんなコンディションの中、カーブを猛スピードで曲がっていきます。

怖くないのかな?

この日は、雨の影響で転倒し、リタイヤを余儀なくされた選手が何人かいました。

 

橋の上もコースです。

f:id:deutschlife:20170703013037j:image

応援グッズやのぼりに書いてあるAllez, Allez, Allez! はフランス語。

英語にするとGo, Go, Go!

 

一番速い選手(Geraint Thomas)は、14kmのコースを、わずか16分4秒で走破。

平均時速 50㎞越えです。速すぎる!!

こんなに迫力があるとは思っていなかった。

一度見ただけではまってしまい、2日目はスタート地点を見に行くことにしました。

 

 

7月2日 Stage 2 Dusseldorf ~ Liege 203.5km

この日から本格的なレースのスタート。

なんと、デュッセルドルフからリエージュまで、200km越え。

全行程 21日間で、3540kmを走るとのこと。数字だけでも圧倒されます。

 

スタート時間は12:30。

12:03に旧市街を出発し、約30分かけてスタート地点に来るということで、0km地点の近くから観戦することに。

f:id:deutschlife:20170703021755j:plain

 

スタート10分前になると、警察車両や報道車両が集まり、慌ただしくなってきました。

f:id:deutschlife:20170703021949j:plain

手前はドイツの白バイ。奥はフランスの白バイ。各国の警察が協力して警備をするとのことです。

白バイの間を通るのは、あるチームのサポートカー。選手の自転車に不具合があったときにすぐに交換できるよう、たくさんの自転車を積んでいます。

 

12:30スタート地点に選手達がやってきました。

まさかの通過!!

一瞬のできごと。

止まって、「3,2,1、スタート!」とかがあるかと思っていました。

 

この後は家に帰り、テレビ観戦。

知っている場所を通っていて面白かった。

 

ベルギーに入ると、応援はドイツより熱狂的。

ドイツ人はおとなしいようですね。

 

レースは、大雨が降ったり、残り30km地点で、去年のチャンピオン(Chris Froome)が転倒に巻き込まれたりで、波乱の展開。

 

そして、第二ステージ優勝は、ドイツ人のMarcel Kittel選手。
4時間37分6秒でゴール。何度も言ってるけど速い。
新城選手は23位。初日にエースがリタイヤしてしまいましたが、この後も頑張ってほしいです。

 

今まで全く知らなかったロードレース。初めて知ることもたくさん。
個人戦だと思っていましたが、チームプレーが基本だということもその一つ。
各チームにエースがいて、エースを勝たせるために他の選手がサポートするのだそう。たしかにFroome選手が転倒したときには、再スタートするのを待ち、サポートしていた選手もいました。

 

これからの約3週間、はまってしまいそうです。