ドイツ不思議発見!

デュッセルドルフ在住・海外暮らし初心者の夫婦が日々の生活で発見したドイツの不思議を書き綴ります

ウルム ~世界一高い大聖堂と南ドイツで最も美しい図書館~

デュッセルドルフ在住者にとって最も有名な大聖堂は、世界遺産の『ケルン大聖堂』。

超大きくて圧倒されてしまいます。

そんなケルン大聖堂よりも高い大聖堂が南ドイツ ウルム(Ulm)にあるんです。 

また、ウルム近郊には、南ドイツで最も美しい図書館があるとか。

シュタイフミュージアムから車で30分程度だったので、観光してきました。

ウルム大聖堂(Munster)

街のハイライト。中心にドンっ!。遠くからでもすごく目立つ。

1377年に建造がスタートし、1890年に完成。500年以上の歳月がかかりました。

f:id:deutschlife:20170817050253j:image

その高さは161.53m。
ちなみにケルン大聖堂が157m。

この4mが『世界一高い大聖堂』かどうかの命運を決めました。

 

塔へ登ることもできます。
今回は、体調不良のため、残念ながらパス。

 

教会内部のレリーフやステンドグラスが美しく、外装とは異なった様子を見せてくれます。

f:id:deutschlife:20170817050316j:image

 

ウルム市庁舎(Ulmer Rathaus)

ウルムで忘れてはならないのが市庁舎。1370年建造。

壁画がすごく美しい。

このあたりは広場になっていて、レストランやカフェがたくさん。
ゆっくり壁画を見ながら、くつろぐのもいいですね。

f:id:deutschlife:20170817050342j:image

 

ドナウ川周辺

歴史で習ったドナウ川。

川沿いは美しいので、散策もおすすめです。

f:id:deutschlife:20170817050406j:image

f:id:deutschlife:20170817050442j:image

 

シーフェス・ハウス(Schiefes Haus)

こちらも街の見どころの一つ。

入り組んだ路地の先にあるのが、『傾いた家』

観光客が写真をたくさん撮っていました。

f:id:deutschlife:20170817050751j:image

 

この辺りも素敵なレストランがたくさんあります。

f:id:deutschlife:20170818010324j:image

 

アインシュタイン

ここウルムは天才科学者アインシュタインが産まれた街。

街中には、アインシュタインのモニュメントが2つありました。

街の両端にあるので気になる方は足を運んでみて下さい。

 

ヴィブリンゲン修道院(Kloster Wiblingen)

『南ドイツで最も美しい図書館』があるという修道院。
18世紀にロココ様式の図書館が完成しました。。

ウルムから約車で15分。公共交通機関では、ZOB ostからバス③に乗り、Prangerで下車。

ウルムに行ったら必見の修道院です。

 

11世紀に完成した、旧ヴェネディクト派の修道院。

まずは、修道院の教会(無料)を見学。

f:id:deutschlife:20170818031758j:image

 

内部は白を基調とした教会。

f:id:deutschlife:20170818035234j:image

 

そしてお目当ての図書館へ。

ここは、入場料 5EUR + 写真撮影料 3EURが必要。

 

内部に入ると・・。

f:id:deutschlife:20170818010323j:image

超カラフル内装に圧倒されました。

とんでもなくゴージャス。でも厳かな雰囲気が漂います。

『南ドイツで最も美しい』では無く、『ヨーロッパで最も美しい』と言ってもいいのでは?と思うほど美しい。

 

カラフルな柱や壁、真っ白な像。

何でできてると思いますか?


実は木製。

木の上にカラフルなペイントが施されているんです。

 

世界一高い大聖堂と南ドイツで最も美しい図書館。
ウルムは小さいながら見どころたくさん!

 

シュタイフミュージアムから車で30分程度なので、合わせて観光するのもおすすめです。