ドイツ不思議発見!

デュッセルドルフ在住・海外暮らし初心者の夫婦が日々の生活で発見したドイツの不思議を書き綴ります

ドイツの一味違うクリスマスマルクト まとめ

ドイツでは毎年11月後半からクリスマスマルクト(Weihnachtsmarkt)が始まります。

街は一気にクリスマスムード。マルクトを歩くだけでもすごく楽しい。ドイツで一番好きな季節の始まりです。

 

ドイツのクリスマスマルクトで有名なのは、ドレスデン、ニュルンベルク、ローテンブルク、ミュンヘン、シュトゥットガルトなど。華やかなイルミネーション、たくさんの出店を楽しむことができます。

それだけでも満足できることは間違いないのですが、今回はより一層楽しめる、少し変わったクリスマスマルクトをご紹介したいと思います。

中世風クリスマスマルクト

ドイツで有名なのは、中世風のクリスマスマルクト。

中世風の出店と中世の衣装を纏った店員さんが作り出す雰囲気は必見!

 

ジークブルク(Siegburg)

ケルンから電車で約30分。Siegburg/Bonn Hbfから歩いて数分。

小さいマルクトですが、異世界(RPGの世界?)に来たような感じでなかなかおもしろい。

f:id:deutschlife:20171122200519j:plain

ハチミツのお酒『Met(メット)』のお店。その場で飲め、陶器のカップはお金を払えば持ち帰れます。

f:id:deutschlife:20171122200521j:plain

焼き栗のお店

www.deutschlife.com

 

エスリンゲン(Esslingen)

世界最大のクリスマスマルクトとしても有名なシュトゥットガルト。

そのシュトゥットガルトから電車で約30分。エスリンゲンという町のクリスマスマルクトも中世風として有名です。

シュトゥットガルトのクリスマスマルクトに行かれた方は足を伸ばしてみては?

www.esslingen-marketing.de

 

ミュンヘンやドレスデンでも一部中世マルクトのエリアがあるそうです。

 

お城のクリスマスマルクト

Schloss Moyland(モイラント城)

オランダとの国境沿いの街 Kleve(クレーヴェ)で開催されます。

期間が限られていて、2017年は12月13日~17日の5日間のみ!

ライトアップされるとすごくステキな雰囲気になるそうです。

Christmas market Moyland - Museum Schloss Moyland

 

Schloss Burg(ブルク城)

刃物で有名なSolingen(ゾーリンゲン)の街の外れにあるお城。

ここは中世マルクトとコラボ。

週末のみ開催されます。

お城の雰囲気と相まってタイムスリップした気分になります。

f:id:deutschlife:20171122200749j:plain

鎖帷子を纏った兵士達。みんな強そうです。

 

f:id:deutschlife:20171122200755j:plain

お城の中はクラフト市のようになっていました。

 

f:id:deutschlife:20171122201148j:plain

かご売り場。

 

他にも、Kronberg(クロンベルク)やHomburg(ホムブルク)などなど、いろんなお城でクリスマスマルクトが開催されています。

お城マルクトは開催時期が限られるところが多いので注意が必要。

 

洞窟のクリスマスマルクト

ドイツではないですが、オランダのファルケンブルグ(Valkenburg)には洞窟のクリスマスマルクトがあります。

洞窟マルクトは独特で幻想的な雰囲気なのだとか。

www.kerststadvalkenburg.nl

 

 

ドイツやその近郊では、一風変わったクリスマスマルクトがたくさん開かれています。

ここに紹介したものは、デュッセルドルフ近郊の町が中心ですが、ドイツでは、小さな村から大都市まで、様々なクリスマスマルクトが開催されます。

街によってそれぞれ特色があるので、いろんなところを回ってみるのも楽しいですよ。

 

今年は、いつもと違う少し変わったクリスマスマルクトを楽しんでみてはいかがでしょうか?