ドイツ不思議発見!

デュッセルドルフ在住・海外暮らし初心者の夫婦が日々の生活で発見したドイツの不思議を書き綴ります

この時期限定!ドイツの菓子パン ~Weckmann~

10月半ば過ぎから、街のパン屋さんでは、この時期限定のパンが並びます。

 

そのパンがこちら。

Weckmann(ヴェックマン)

 f:id:deutschlife:20171119194731j:image

ちょっと変わった形のこのパン。

人型をしていて、タバコのパイプのようなものを持っています。

 

私たちの住むデュッセルドルフの辺りではWeckmann(ヴェックマン)という名前で呼ばれますが、ドイツの他の地域ではStutenkerl(シュトゥーテンケアル)、スイスではGrittibänz(グリティベンツ)などの名前で親しまれているそうです。

 

ドイツでは、聖マルティン祭(11月11日)や聖ニコラウスの日(12月6日)などにこのWeckmannを食べます。

 

元々はキリスト教のお祭りの際に食べられていたパンで、ヒトの形は司教をモデルにしているんだとか。

そのため、昔はタバコのパイプではなく、司教の持つ長い杖のようなものを持っていたそうです。

 

肝心のお味は、ほんのり甘い日本のバターロールのような感じ。ドイツのパンにしては珍しく、ふわふわとした食感です。

 

先日買ってみたWeckmannはスライスアーモンドの付いたもの。

f:id:deutschlife:20171120182702j:image

体長 約25cm。

全体にアイシングがされ、アーモンドがくっ付いていました。

甘いけれど、日本の菓子パンみたいで、なかなか美味しい。そして、ちょっと懐かしい気持ちになれます。

 

気になるパイプタバコは、残念ながら陶器でできているため食べられません。

f:id:deutschlife:20171120183156j:image

昔は、貧しい人々がWeckmannを食べた後、このパイプを使って久しぶりのタバコを吸ったのだとか。

現在、パン屋さんで売られているWeckmannのパイプは穴が開いてないけれど、昔は本物のパイプタバコが使われていたのかーと思うとおもしろい。

 

この時期限定の菓子パン Weckmann。

どこのパン屋さんでも買えるので、ぜひぜひお試しあれ〜♬