ドイツ不思議発見!

デュッセルドルフ在住・海外暮らし初心者の夫婦が日々の生活で発見したドイツの不思議を書き綴ります

カラフルたまごを作る粉?

カーニバルが終わってから、一気にイースタームード。スーパーもパン屋さんも雑貨屋さんもみーんなイースター一色ですね???

 
スーパーではたまご型やうさぎ型のチョコやお菓子をたくさん見かけます。

 

f:id:deutschlife:20160224235112j:image
f:id:deutschlife:20160224235147j:image
 
イースターのことをよく知らないので、調べてみると、十字架にかけられて亡くなったイエス・キリストが三日目に復活したことを記念・記憶する、キリスト教の重要な祭、とのこと。日本語で「復活祭」。(ウィキペディアより)
 
ちなみに、ドイツ語でイースターを意味する「Ostern」はゲルマン神話の春の女神「Eostre」や春の月名「Eostremonat」に由来しているそうです。諸説あるようですが。
 
なんでたまごとうさぎかというと、
?たまご?
見た目には動かない卵から新しい生命が誕生することから、死と復活を象徴する。
?うさぎ?
子どもをたくさん産むので、豊穣を象徴する。
…ということだそうです。
 
キリスト教徒にとってはとても意味のある大事なお祭りなんですね〜。
 
 
さて、前置きが長くなりましたが、スーパーでおもしろいものを発見しました!
 
f:id:deutschlife:20160225001337j:image
たまご売り場に並んでいた「Ostereier-Kaltfarben」 0.99€
 
これ、たぶんイースターの色付きたまごを作るための色素ですよね。こんなもの売ってるんだーとビックリ?!!!
 
 
ちらっと見たら、酢に粉を溶かして使うっぽい。しかも5色入り?
パッケージのたまごがあまりに奇抜な色なので買わなかったけど、すごーく気になります…?
 
そういえば、見た目に圧倒されて、まだ色付きたまご(ゆでたまご)自体も買ったことないや。いつか挑戦してみたいなー。
 
 
それにしても、行事?に合わせてなんでも商売にしちゃうあたりはドイツも日本も同じですね…??