ドイツ不思議発見!

デュッセルドルフ在住・海外暮らし初心者の夫婦が日々の生活で発見したドイツの不思議を書き綴ります

メルシー(merci)~ドイツのオススメチョコレート~

オススメする、ドイツチョコレートの1つがメルシー(merci)です。

『merci』とはフランス語の『ありがとう』。

でもドイツのお菓子メーカーSTORCK(ストーク)の商品。

 

スーパー等で気軽に買うことができる、庶民派チョコレートですが、驚くべきは、そのコストパフォーマンス!!

この値段でこんなに美味しいの!? ってびっくりしてしまいます。 

 

なので、全商品を紹介します。笑

merciのラインアップは4種類。

merci Finest Selection

f:id:deutschlife:20170109204753j:image

特にオススメです。

通常サイズは、一箱 20個入り。

チョコも美味しいのですが、箱の薄さも魅力。かさばらないので、スーツケースでも場所をとりません。

バラマキ土産にも最適。

 

箱の色で中のチョコレートに違いがあります。

赤 Große Viefalt (Great Variety)
スタンダートタイプ。8種類入っています。
このタイプのみ36個入り、54個入りの大きいサイズがあります。

青 Helle Viefalt (Milk Variety)
ミルクチョコをメインに4種類入ってます

茶 Herbe Viefalt(Dark Variety)
ダークチョコ系が4種類入ってます。

緑 Mandel Knusper Viefalt(Cripy Armond)
アーモンド系のチョコが4種類入ってます。

 

この中で個人的におすすめなのは赤箱。
これなら一度に、色んな種類が楽しめます。
ちなみに赤箱の中身はこんな感じ。

f:id:deutschlife:20170109204313j:image

 

merci Petits

f:id:deutschlife:20170109203814j:image

こちらは袋詰めの商品。一袋約20個入り。
チョコの大きさは先ほどのFinest Selctionより少し小さめです。

全部で5種類のフレーバーがあります。
左上から
Helle Sahne(ミルクチョコ)
Mandle Sahne(アーモンドクリーム)
Kaffe Sahne(コーヒークリーム)
Edel-Nougat(ヌガー)
Herbe Sahne(ダーククリーム)
です。

 

全種類少しずつ入った、バラエティパックもあります。

 

個人的に好きなのは、緑のパッケージのMandle Sahne(アーモンドクリーム)です。

STORCK社のミルクチョコはそれだけでも美味しいのですが、この商品は、ミルクチョコの中に砕かれたアーモンドが散りばめられていて、味・食感の両方が楽しめます。

 

merci Tafelschkolade

f:id:deutschlife:20170109204036j:image

こちらは板チョコ製品

商品ラインアップは、Petitsとほぼ同じです。

 

merci Crocant

f:id:deutschlife:20170109204107j:image

中はヘーゼルナッツクリームとクラッシュアーモンドが入ってます。

いわゆるプラリネ。1袋に約50個入り。

 

いろいろ書きましたが、どれも美味しいのでおススメです。

3時のおやつにも、旅のおともにも、お土産にもなります。

 

メルシー以外の『ストーク社』の商品が気になる方は、専門店へ行った時の記事をご覧下さい ↓

『STORCK(ストーク) ~ドイツの庶民的お菓子メーカー~』