ドイツ不思議発見!

デュッセルドルフ在住・海外暮らし初心者の夫婦が日々の生活で発見したドイツの不思議を書き綴ります

竜の城 ~Schloss Drachenburg~

Bonnの郊外、Königswinterという街にDrachenfels(竜の岩山)と呼ばれるところがあります。

ここは、いくつかの伝説があり、その一つが、ニーベルンゲンの歌にでてくるジークフリードが竜を打ち取ったとか。

この近くに竜の城(Schloss Drachenburg)と呼ばれる立派な城があるという事なので、Düsseldorfから車で行ってきました。

 

  

Google Mapのナビに従い到着したのは、だだっ広い駐車場。

ほんとにここに城があるの?と不安になります。

f:id:deutschlife:20170521032151j:plain

 

地元民ぽい人がいたので、話を聞いてみると。。

「ここから30分ぐらい歩いて登るのよ」

と親切に教えてくれました。

f:id:deutschlife:20170521032208j:plain

 

プチ登山の始まり。スニーカーで助かった。

f:id:deutschlife:20170521032620j:plain

 

10分から15分ぐらい歩いた先に「爬虫類博物館」が見えてきました。

f:id:deutschlife:20170521032827j:plain

蛇やトカゲは苦手なので、「へー、こんなところにあるんだ~」とスルー。

 

この少し先の、レストランとインビス(軽食屋)を通りすぎ、約5分ほどで登山鉄道駅に着きます。お城への入り口はもうすぐそこ。

f:id:deutschlife:20170521041558j:plain

 

ちなみに登山鉄道はこんなところを走ります。

f:id:deutschlife:20170521041636j:plain

 

エントランスで入場料を払い、いざお城へ。

 

 

Schloss Drachenburg

f:id:deutschlife:20170521033345j:plain

 

すごく立派なお城‼

竜の城と言われるだけあって、すごい伝説があるのかと思いきや、ブローカー・銀行家のBaron Stephan von Sarterによって個人の別荘として建てらました。

建設期間は1882〜84のわずか2年間。

本人は、居住を考えてたけど、結局できなかったとか。。。

豪快さ、伝説級。。

 

 

城内を見学することもできます。

説明書きは全てドイツ語ですが、チケット売場で説明書きが英訳されたパンフレットを借りることができました。

 

中はいろんな部屋にわかれており、何から何まで豪華。

中央階段

f:id:deutschlife:20170521040757j:plain

 

ホール

f:id:deutschlife:20170521040830j:plain

 

食堂

f:id:deutschlife:20170521040816j:plain

 

寝室

f:id:deutschlife:20170521040823j:plain

白熊さんが哀れなことに。。

 

外に出て、お城の横にまわると、

f:id:deutschlife:20170521040422j:plain

城の壁や庭には像がたくさん。

金ぴかの二体の鹿が存在感を放っています。

 

高台にあるので、ライン川を臨む景色も最高です。

f:id:deutschlife:20170521042033j:plain

 

Theお城見学に満足し、帰路につきます。

ここからプチ下山開始。笑

  

ふと、時計を見ると13時。 お腹もグーグー鳴ってきました。

なので、途中のインビスでお昼に。

f:id:deutschlife:20170521042327j:plain

全てオープンテラス席。

 

f:id:deutschlife:20170521042333j:plain

Schnitzel mit Pommes EUR 7.8
Coldon Blue mit Pommes(コルドンブルー) EUR 6.6

意外と安い。がっつり系だったけど、登山でお腹が空いてたので、ペロッと食べてしまいました。

大満足。

 

休憩を十分にとったので下山は楽ちん。

 

この後は、時間があったのでボン(Bonn)へ行きました。

≪次回へ続く≫