ドイツ不思議発見!

デュッセルドルフ在住・海外暮らし初心者の夫婦が日々の生活で発見したドイツの不思議を書き綴ります

ロマンチック街道⑥ ~フュッセン ロマンチック街道終点の街~

約370キロ続くロマンチック街道終点の街 フュッセン(Füssen)。

なぜこの街が終点かと言うと…。

 

ロマンチック街道終点の門

街の奥にある聖シュテファン教会の西側に「ロマンチック街道の終点(Ende der Romantisch Straße)」と書かれた門があるからです。

f:id:deutschlife:20171021162806j:plain

終点の門。3本の足が絵が画れたマークはフュッセン市の紋章。アウグスブルグ・ケンプテン・イタリアへの3つの街道を表している。Füssenとはドイツ語で足のFußに由来するとか。

 

この門をタッチしてロマンチック街道の街巡りは終了。(まだ最大の観光地ノイシュバンシュタイン城が残っていますが。)

 

フュッセンの見所はこれだけではありません。

 

 

街に溢れる騙し絵

フュッセンは至るところに騙し絵(トリックアート)があります。

終点の門から見えるホーエス城に、まずは向かいます。

f:id:deutschlife:20171021163711j:plain

塔を備える聖マング市教区教会と高台に建つホーエス城

 

近くに行ってみます。

f:id:deutschlife:20171021165220j:plain

ホーエス城の中庭に向かう道

わかるでしょうか?

 

こっちの写真もご覧ください。

f:id:deutschlife:20171021165307j:plain

中庭から見るホーエス城。14~15世紀にアウグスブルグ大司教の離宮として建てられた。

なんと、どちらも窓飾りが騙し絵‼︎

 

こんな感じで、街は騙し絵ばかり。

薬局(APOTHEKE)も騙し絵。

f:id:deutschlife:20171021165508j:plain

STADT-APOTHEKE 1547年創業

 

ミュージアムも騙し絵。

f:id:deutschlife:20171021165849j:plain

フュッセン市博物館。アンナカペレの壁画や、古楽器、図書館や祝祭の間などがみどころ。

 

広場のレストランやブティックも騙し絵。

f:id:deutschlife:20171021170121j:plain

Reichen通りとRitter通りが交差する広場。噴水に建つのは守護聖人『マグヌス』。

でもドイツで人気のアパレル『ESPRIT』の文字は本物。

 

街は騙し絵で溢れています。

なぜ、こんなに騙し絵ばかりなんだろう?壁装飾にかけるお金が無かったのか…??

 

騙し絵探しに夢中になっていたら、疲れてしまったので、郷土料理のケーゼスペッツェレで体力回復。

f:id:deutschlife:20170818044630j:image

パスタにチーズとフライドオニオンがトッピングされた、南ドイツの料理です。

 

ロマンチック街道の終点の街は、これまでのカラフルな木組みの家と違い、騙し絵ばかりでなかなか面白い街でした。

 

 

これにてロマンチック街道の街巡りは終了‼︎‼︎
この後は、ついにロマンチック街道最大の観光地『ノイシュバンシュタイン城』へ向かいます。