ドイツ不思議発見!

デュッセルドルフ在住・海外暮らし初心者の夫婦が日々の生活で発見したドイツの不思議を書き綴ります

EU域内でのローミング撤廃 ~ドイツで契約した携帯がEU各国で自由に使えるように‼~

2017年6月15日から、EU内でローミングが撤廃されました。

これにより、携帯がより便利になります。

これまでドイツで契約した携帯は、ドイツ以外で使う場合、追加でローミング料金を支払う必要がありました。

(日本の携帯を海外で使用したら、何万円も請求が来た。というあれです。)

しかし6/15からは、EU域内で契約したSIMカードに限り、EU各国でのローミングが基本的に撤廃されることに。

新ルール概要と持っているSIMカードがどうなったかをまとめてみました。

 

 

新ルール概要(Roam Like at Home)

Roam Like at Homeは、自分の国で契約したサービス内容を、EUの他の国で、ローミング料金無しに使用できるというものです。

仕事や旅行等で、自分の契約した国以外(EU内に限る)で携帯電話を使用しても、基本、追加料金がかかりません。

 

EUに加盟している28か国で適用されます。

今後、アイスランド、リヒテンシュタイン、ノルウェーでも適用されるとのことです。

 

EU内の通信事業者は、EU内に住む人との契約には、必ず『Roam Like at Home』を含めないといけないらしいです。

 

自分の携帯(ドイツ国内発行SIM)をドイツ外に持って行った場合

月極契約の携帯の場合

会社より支給された某ドイツ通信会社の携帯を持っています。ドイツを出る時は、毎回SMSでローミングに関する情報を受け取ります。

6/16にオランダに行った時は、以下のSMSを受け取りました。

「Roming in der EU:
Ihre Highspeed-Daten werden ohne Aufpreis von ihrem inlandischen Tarif genutzt. Infos erhalten Sie innerhalb der EU telefonisch (keine SMS) kostenfrei under der Hotline-Nr. +49XXXXXXXX.(一部抜粋)

簡単に訳すと、『データ通信を、国内通信料金から追加料金を支払うことなく、使用することができます。』

やはり。本当のようです。(当たり前か。。)

 

プリペイド契約の場合

プライベート用に、プリペイドSIM(Ja!MobileのSmart)も使用しています。

6/16にオランダに行った時は、以下のSMSを受け取りました。

「Innerhalb der EU zahlen sie fur ankommende und abgehende telefonate, sowie fur SMS und Datennutzung Keine Roaminggebuhren.(一部抜粋)

簡単に訳すと、『EU内では、受発信の電話、SMS、データ通信にローミング料金はかかりません。』

これも普通に使えるということみたい。

オランダで200KBほど使かってみましたが、特に残金は変わらず。

 

ちなみに、6/4にベルギーに行ったときに受け取ったSMSを見てみると、

「Datennutzung kostet maximal 0,23 EUR/MB. Diese Maximalwerte beinhalten die rgulierten Roamiing Aufschlage von 0,05 EUR pro MB.(一部抜粋)」

1MBあたり 0.23 EURかかります、という内容でした。

 

確かに6/15前後で受けたった内容が違います。

 

因みに、データ量に応じて残金が減るタイプの契約の場合、1GBあたり7.7EURになります。(ちなみにこの価格は年々下がり、2022年には1GBあたり2.5EURになるそうです。)

詳しく知りたい方は、欧州委員会(European Commission)の『よくある質問』をご覧ください。

Frequently asked questions | Roam like at home | Digital Single Market

 

2017年10月追記
私たちが今使っている『Ja! Mobail』のように、データ通信料の上限が決まっているプランは、今のところ影響がありません。(2017年10月現在)

 

注意点

今回のルール適用にあたっていくつか注意点があります。

対象のSIMカード

今回のルールが適用されるのは「EU域内の通信事業者が発行したSIMカード」のみです。

つまり日本のSIMカードでローミングを行うと、これまで通りに高額請求されるので注意してください。

 

悪用・乱用に対する対策

例えばですが、「携帯料金の安い国で契約をして、他国でのみ使用する」という不正を防ぐためのルールもあります。

こういった不正を防ぐために、ローミング料金を課すことができるとのことです。

通信業者は過去4か月以上の記録を追跡し、遡って請求できるとか。

ただし自国で長期間使っている形跡があったり、自国での一日一回のログがあれば問題ないとのことです。

自国外での滞在が長く、ローミング量が多い場合は通知を受けることも。
この場合は、2週間以内に自国での使用が確認されれば問題ないとのことです。

逆に何も通知がこなければ、安心していいということか。

 

 

新しく採用された新ルール。

EUの基本理念である、『人・物・資本・サービスの移動の自由』が反映されたルールですね。

本当にヨーロッパならでは。

これでヨーロッパ内の旅が、より便利に。

 

また何か情報があれば更新したいと思います。

 

↓ 参考までに欧州委員会のホームページ

ec.europa.eu