ドイツ不思議発見!

デュッセルドルフ在住・海外暮らし初心者の夫婦が日々の生活で発見したドイツの不思議を書き綴ります

シュニッツェル ~ 実はバラエティ豊富なドイツ風トンカツ ~

日本人に最も馴染みのあるドイツ料理と言えばソーセージ。
そのソーセージと双璧をなすのがシュニッツェル(Schnitzel)ではないでしょうか?

 

レストラン、軽食屋(Imbiss)、パン屋、スーパーのお肉売場、冷凍食品コーナーと、そこらかしこで見ることができるシュニッツェル。

 

シュニッツェルにはたくさんの種類があります。

中には名前がややこしいやつ、ドイツで初めて見た変わり種等があります。

 

そこで一つずつご紹介。
メニューを見るときの参考になればと思います。

 

 

Schnitzel "Wiener Art" と Wiener Schnitzel

名前が似ているこの2つ、実は大きな違いがあるんです。

ウィーン風シュニッツェル( Schnitzel "Wiener Art" )

f:id:deutschlife:20170521042333j:plain

ドイツで見る、最もスタンダードなシュニッツェルです。

私たち日本人がシュニッツェルと聞いて思い浮かぶのは、まずこれではないでしょうか?

Schnitzel Wiener Artは、豚肉を叩いて薄く伸ばし、揚げた料理。

衣にしっかり味がついているのが、美味しさを引き立てます。

レモンやポメス(フライドポテト)が付け合わせになることが多いかな。

 

Wiener Schnitzel von Schwein (豚肉のウィーナーシュニッツェル)と呼ばれたり、特にドイツ西側で、ただ Schnitzel とだけ呼ばれることも。

 

ウィーナー シュニッツェル ( Wiener Schnitzel ) 

名前はそっくりですが、まったく違います。 ウィーナーシュニッツェルは、子牛肉のシュニッツェルです。

値段も少し高め。

 

ドイツとオーストリアの食糧委員会では、混乱を避けるために、子牛肉のシュニッツェルは「Wiener Schnitzel」、豚肉のシュニッツェルは「Schnitzel Wiener Art」もしくは「Wiener Schnitzel von Schwein」と表記するように決めたとのこと。

 

オーストリアでSchnitzelとだけ書いてあったら、たぶん、子牛肉。。

 

・・すごくややこしいですね。

 

お店で分からなくなったら、
「Ist das Schwein?oder Kalb?(イスト ダス シュバイン?オーダー カルプ?)」
『これは豚肉?それとも子牛肉?』
と聞いてみてください。

 

ソース系シュニッツェル

イェーガーシュニッツェル(Jägerschnitzel)

f:id:deutschlife:20170628042220j:image

キノコ入りのクリームソースがかかったシュニッツェル。

僕はこれが一番のお気に入りです。

イェーガーとは猟師という意味。

 

ツィゴイナーシュニッツェル(Zigeunerschnitzel)

 f:id:deutschlife:20170628042233j:image

パプリカ入りのケチャップソースがかかったシュニッツェル。

日本語に訳すと、ジプシー風シュニッツェル。

ソースの酸味が食欲をそそります。

 

ソース系は、衣にソースが絡むので、これまた美味しい。

 

その他シュニッツェル

牛肉シュニッツェル(Rinder Schnitzel)

子牛はKalb、牛肉はRinderになります。

 

チキンシュニッツェル (Hühner / Hähnchen Schnitzel)

鶏肉のシュニッツェル。少し柔らかいのが特徴。

 

アヒル肉シュニッツェル (Punten Schnitzel)

アヒル肉を使っているので、少しくせがあるシュニッツェルです。

 

コルドンブルー (Coldon Blue)

シュニッツェルの肉の間にハムとチーズが挟まれています。

ささみチーズカツならぬ、豚チーズハムカツです。

ボリューム満点!!

 

 

ドイツの国民的な料理、シュニッツェル。こっちに来たばかりのころは、ただのドイツ風トンカツと思っていました。でも、いろんな種類があってびっくり。

ドイツに来た際は、オーソドックスなウィーン風シュニッツェルだけでなく、色んなシュニッツェルに挑戦すると面白いかも。